卒業と別れ。

先日、長女が小学校の卒業を迎えました。

忙しくて、準備もままならない状態で迎えた当日でしたが・・・
お赤飯だけは炊きました(笑)


顔を真っ赤にして、汗をいっぱいかいて、初めて一人で下校してきた日。
田んぼに落ちて、泣きながら泥だらけで帰ってきた日。
お友達とケンカをして泣いていた日。

そんなあなたが、いつの間にかこんなに大きく優しく成長してくれました。

卒業式は、親が子供に感謝する日なのかもしれません。
本当にありがとう。
こうして真っ直ぐに育ってくれたあなたに、心から感謝します。

怒ってばかりの日々だけれど・・・
考えてみれば、毎日忙しくて帰りが遅くなっても
文句ひとつ言わず待っていてくれることに、もっと感謝しなくてはいけませんね。


シャイでクールなあなた。
先生や、お友達と写真を一緒に撮るのが恥ずかしくて(笑)
周りでニコニコしながら、みんなを見ていたね。
そんなところが、あなたの良さ。

もっともっと、自分の良さを生かして、前を向いて元気に進んでいってほしいと願います。

素敵な6年間を、ありがとう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

そして別れ。

知り合いに誘われて、なんとなく行った先で
偶然会った大切な友人。
ハンドメイドをきっかけに、知り合うことのできた大事な仲間。

そんな彼女と偶然、会うことができました。
久々の再会に、喜んだのもつかの間・・・遠いところへお引越しをされるとのこと。

泣きそうになるのを抑えながら、お引越しの前に偶然会えたことに感謝しました。

彼女の、優しくほわっとした雰囲気が大好きでした。
その雰囲気が、そのままの作品も・・・大好きでした。

年を重ねるほど、別れに臆病になるような気がします。
出会ったときから、別れを考えるよなことは・・・若いころにはなかったと思います。

でもその分、新たな出会いに対する感謝の気持ちも
大きくなっています。

彼女との出会いに、感謝しています。どれだけ、支えてもらったかわかりません。
ありがとう。

新しい土地でも、楽しいことがたくさんありますように・・
心から願っています。

どうかお元気で。
またいつか、再会できますように。
[PR]
by omimimi | 2010-03-21 20:15 | 日々のできごと